並外れたページ速度を示す、暗い背景上のフィルムのリール。

コアウェブバイタルを理解する

ウェブバイタル

暗い背景にあるフィルムのリールは、ユーザーが Web の重要な点を理解するのに役立ちます。

パフォーマンス指標

それは何ですか?

理解 コアウェブバイタル

による: サイモン | カテゴリー: ページ速度
発行日: 2024 年 1 月 7 日

Googleの コアウェブバイタル (CWV) イニシアチブは Web 開発の最前線にあり、ユーザー満足度の観点から Web サイトのパフォーマンスの重要性を強調しています。

ウェブサイトがこれらの基準を満たすよう努めるにつれて、分析と分析の方法を理解する必要があります。 最適化する Core Web Vitals スコアが重要になります。この包括的なガイドでは、CWV の複雑さを掘り下げ、各指標を調査し、改善のための実用的な洞察を提供します。

とは何ですか コアウェブバイタル?

Core Web Vitals は、最大コンテンツフル ペイント (LCP)、初回入力遅延 (FID)、および 累積レイアウトシフト (CLS)。最初の入力遅延は間もなく次のように置き換えられます。 次のペイントへのインタラクション (INP)、Web サイトがユーザーの操作にどれだけ速く反応するかを測定します。

これらの指標は以下に焦点を当てています ユーザーエクスペリエンスのさまざまな側面読み込みパフォーマンス、インタラクティブ性、視覚的な安定性など。 Google は、分類する指標ごとに特定のしきい値を設定しています。 ウェブサイトをさまざまなパフォーマンスに変換 レベルが決まり、それに応じてスコアが与えられます。

最大のコンテンツフル ペイント (LCP) – 読み込みエクスペリエンス

LCP は、ページ上の最大のコンテンツ要素が表示されるまでにかかる時間を測定します。この要素は、画像、ビデオ、またはブロックレベルのテキストにすることができます。

最大のコンテンツ要素を特定します。 ブラウザ ツールを使用して、何が LCP に最も貢献しているかを確認します。

クリティカル レンダリング パスを最適化します。 サーバーの応答時間を最小限に抑え、ブラウザーのキャッシュを活用します。

遅延読み込みを検討してください。 表示されているコンテンツの読み込みを最初に優先し、必須でない要素の読み込みを延期します。

最初の入力遅延 (FID) – インタラクティブ性の確保

FID は、ページが開始されてからインタラクティブになるまでにかかる時間を測定します。

長いタスクを特定する: ブラウザ開発者ツールを使用して遅延を特定します。

JavaScript の実行を最適化します。 必須ではない JavaScript を延期し、ブラウザーのキャッシュを活用します。

メインスレッドのアクティビティに優先順位を付けます。 重要なタスクがメインスレッドで実行されるようにします。

累積レイアウト シフト (CLS) – 視覚の安定性を高める

CLS は、ページの存続期間中に発生する予期しないレイアウトの変化を測定します。

レイアウトのずれの原因を特定します。 ツールを使用してシフトの原因となる要素を見つけ、そのプロパティを調整します。

要素の寸法を設定します: 画像と iframe の幅と高さの属性を指定します。

プレースホルダーの読み込みを実装します。 コンテンツを動的にロードするためのスペースを予約します。

ツールの使用と 常識

Shh – パーセンテージスコア

ない ランキング要素

解剖のためのツール コアウェブバイタル スコア

Google Pagespeed Insights

グーグル ページ速度 Insights は、Core Web Vitals スコアを評価および分析するための貴重なツールです。各指標の詳細な内訳が示され、改善の余地がある領域が強調表示されます。このツールは、Web サイトに合わせた特定の最適化も提案します。

灯台
Google のオープンソース ツールは、ブラウザ拡張機能として、またはコマンド ラインから実行できます。ただ評価するだけではなく、 コアウェブバイタル だけでなく、他のパフォーマンス面についての包括的な洞察も提供します。 Lighthouse は、改善のための実用的な推奨事項を含むパフォーマンス レポートを生成します。

Web Vitals 拡張機能
Web Vitals ブラウザ拡張機能は、Web ページのコア Web Vitals パフォーマンスに関するリアルタイムのフィードバックを提供します。 LCP、FID、および CLS の概要を簡単に示し、開発者が開発中に問題を迅速に特定できるようにします。

チェックリスト: 最適化 コアウェブバイタル スコア

最大コンテンツフル ペイント (LCP) の最適化

画像の最適化: 品質を損なうことなく画像を圧縮およびサイズ変更します。

重要な CSS を優先する: レンダリングを高速化するために、重要なスタイルをインライン化し、重要でないスタイルを延期します。

コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を利用する: アセットを複数のサーバーにグローバルに分散して、待ち時間を短縮します。

最初の入力遅延 (FID) の最適化

JavaScript の実行時間を最小限に抑える: 使用されていないスクリプトを削除し、必須ではないスクリプトには非同期読み込みを使用します。

サードパーティのスクリプトを最適化します。 サードパーティのスクリプトが FID に及ぼす影響を評価し、制限します。

サーバーサイドレンダリング (SSR) を実装します。 サーバー上で HTML を生成して、クライアント側の処理時間を短縮します。

累積レイアウト シフト (CLS) の最適化

画像とビデオのサイズを設定する: レイアウトのずれを防ぐために幅と高さの属性を指定します。

コンテンツのプリロード: preload 属性を使用して、後で必要になるリソースに関するヒントをブラウザーに提供します。

サードパーティのコンテンツを監視する: レイアウトの変更に影響を与える可能性のあるサードパーティのウィジェットや広告には注意してください。

私の 結論

Core Web Vitals をマスターすることは、単なる技術的な取り組みではなく、優れたユーザー エクスペリエンスを提供するための戦略的な取り組みです。 LCP、FID、CLS スコアを分析して最適化することで、Web 開発者は Web サイトが Google が設定した厳しい基準を満たしていることを確認できます。

Googleなどのツールを活用する ページ速度 Insights、Lighthouse、および Web Vitals 拡張機能を実際のケーススタディと組み合わせることで、最適な Core Web Vitals パフォーマンスを達成するための実用的な洞察が得られます。ユーザー エクスペリエンスを優先し続ける中、Core Web Vitals スコアを分析して最適化するという取り組みは、依然として現代の Web 開発の重要な側面です。

技術ブログの著者

その他の最近の ページスピードブログ

ニトロパックのレビュー。ウェブサイトのパフォーマンスを最大化しますか?

NitroPack は、Web サイトの速度とパフォーマンスを向上させるために設計された包括的な Web サイト最適化サービスです。ファイルの縮小、画像の最適化、遅延読み込み、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) の統合、キャッシュ メカニズムなどの一連の機能を提供しており、これらはすべて読み込み時間の短縮とユーザー エクスペリエンスの向上を目的としています。

ユーザー エクスペリエンスが PageSpeed スコアよりも優れている理由

高速な Web サイトの重要性はいくら強調してもしすぎることはありませんが、検索エンジン、特に Google の目においてユーザー エクスペリエンスが独自の、おそらくより重要な位置を占めていることを認識することが不可欠です。

パフォーマンスとユーザーエクスペリエンスのバランスをとる

オンライン ビジネスとデジタル プレゼンスのペースの速い世界では、Web サイトの所有者は、Web サイトを「環境に優しい」ものにするために、より高いページ速度スコアの終わりのない追求に巻き込まれることがよくあります。

他の カテゴリー

ウェブデザイン & SEO