炎が表示され、より速いページ速度を表示する速度計。

謎の解明 - PageSpeed スコア

ページスピードです 実際に?

炎が表示され、より速いページ速度を表示する速度計。

Google Pagespeed はどのくらい便利ですか?

Googleはそれを使用していますか?

お披露目 エニグマ

による: サイモン | カテゴリー: ページ速度
発行日: 2024 年 1 月 2 日

進化し続けるデジタル領域では、Web サイトのパフォーマンスがユーザー エクスペリエンスと検索エンジンのランキングにおいて極めて重要な役割を果たしています。 Web サイトの効率を評価する多くの指標の中で、Google の PageSpeed スコアが著名なベンチマークとして浮上しています。

しかし、デジタル コミュニティでの声の高まりは、Google 自体が PageSpeed の遵守において完全に一貫していない可能性を示唆しています。 スコア ウェブサイトをランキングするとき。この調査では、Google がページをどのように評価して優先順位を付けるかという複雑な点と、Google が PageSpeed スコアを無視しているという主張に根拠があるかどうかを掘り下げます。

理解 ページスピードスコア

Google と PageSpeed スコアの関係を詳しく分析する前に、この指標の重要性を理解することが重要です。 PageSpeed は、Web サイト所有者がサイトを最適化してパフォーマンスを向上させ、読み込み時間を短縮できるようにするために Google が開発した一連のツールです。 PageSpeed Insights ツールは、さまざまなパフォーマンス指標に基づいて Web サイトにスコアを割り当てます。スコアが高いほど、サイトが高速で効率的であることを示します。

PageSpeed スコアが Web サイトの最適化に役立つことは間違いありませんが、次のような疑問が生じます。Google は検索ランキングを決定するときにこれらのスコアのみに依存しているのでしょうか?

Googleの検索アルゴリズム – 複雑なエコシステム

PageSpeed に対する Google の姿勢を理解するには、その検索アルゴリズムの複雑さを認識することが不可欠です。 Google は多面的なアプローチを採用して評価と評価を行っています。 ランク Web ページでは、関連性、コンテンツの品質、ユーザー エクスペリエンス、そしてページ速度など、何百もの要素が考慮されます。

PageSpeed スコアはパズルの 1 ピースにすぎず、Google はユーザーに最も有用な結果を提供するために他の多くのシグナルを考慮します。したがって、高いながらも、 PageSpeed スコアは Web サイトのパフォーマンスにプラスの影響を与える可能性があります, Google の検索結果での上位を保証するものではありません。

ユーザーエクスペリエンス パラダイム

Google の主な目標は、迅速で関連性の高い高品質のコンテンツを配信することでユーザー エクスペリエンスを向上させることです。その間 PageSpeed スコアはこの目標に貢献します, Google は、モバイルフレンドリーさ、コンテンツの関連性、サイト全体の使いやすさなど、ユーザー エクスペリエンスの他の側面も評価します。

PageSpeed スコアは高くても、他の重要なユーザー エクスペリエンス要素が欠けている Web サイトは、以下の分野で優遇されない可能性があります。 Googleのランキング。検索大手は、PageSpeed などの単一の指標に関係なく、ユーザーが最も価値があり、ユーザーフレンドリーなコンテンツを確実に見つけられるように、さまざまな要素のバランスをとることを目指しています。

働かないでください スコアへ

答えはいつもある

ユーザーを第一に考えます

現実世界のパフォーマンス V 実験室データ

2024 年のデジタル環境をナビゲートするにあたり、 ページ速度 オンラインでの成功の要として浮上します。ユーザーの期待、検索エンジンのアルゴリズム、モバイル ファーストのパラダイムが融合していることは、ユーザー エクスペリエンスを形成する上でページ速度が重要な役割を果たしていることを強調しています。ページ速度を優先し投資する企業 最適化 は検索ランキングで躍進するだけでなく、ユーザーにシームレスで満足のいくエクスペリエンスを提供し、最終的にはデジタル領域での成功を推進します。

Google と PageSpeed のスコアに関する議論における重要な論点の 1 つは、現実世界のパフォーマンスと実験データの区別を中心に展開しています。 PageSpeed Insights は、制御された条件下で Web ページの読み込みをシミュレートするラボ データに依存しています。ただし、実際のユーザー エクスペリエンスは、ネットワークの状態、デバイスの機能、ユーザーの行動などのさまざまな要因によって異なる場合があります。

Google はこの違いを認識しており、実験室データと現場データの両方を考慮することの重要性を強調しています。 Chrome ユーザー エクスペリエンス レポート (CrUX) は、実際のユーザーからデータを収集することで、実際のパフォーマンスに関する洞察を提供します。 Google のアルゴリズムはこのフィールド データを考慮して、ユーザーがウェブサイトをどのように体験するかをより正確に表現します。

モバイル 初め 命令的

近年、Google はモバイル ユーザーの普及を認識し、モバイル ファースト インデックス作成を優先してきました。モバイル フレンドリーさは検索ランキングを決定する重要な要素であり、Google はモバイル デバイス向けに最適化された Web サイトが検索結果で優先されることを明らかにしています。

PageSpeed スコアはモバイル フレンドリー性を評価する役割を果たしますが、Google のモバイル ファーストのアプローチは読み込み時間だけにとどまりません。レスポンシブ デザイン、直感的なナビゲーション、モバイル フレンドリーなコンテンツは、Web サイトのモバイル最適化に不可欠な要素であり、検索結果における Web サイトの地位に影響を与えます。

の場合 コアウェブバイタル

2020年には、 Google が Core Web Vitals を導入 ユーザーエクスペリエンスを定量化することを目的とした、特定のページエクスペリエンス指標のセットとして。これらの重要な要素には、最大コンテンツフル ペイント (LCP)、最初の入力遅延 (FID)、および 累積レイアウトシフト (CLS)。 GoogleはランキングアルゴリズムにおけるCore Web Vitalsの重要性を強調し、ユーザーエクスペリエンスのより総合的な評価への移行を示唆している。

PageSpeed スコアは依然として重要ですが、Core Web Vitals で優れた Web サイトは Google から追加の評価を受ける可能性があります。これは、Google のアルゴリズムが検索ランキングを決定するためにさまざまなシグナルを考慮しているという考えをさらに強調しています。

アドレッシング 誤解

Google による PageSpeed スコアの扱いに関するよくある誤解を払拭することが重要です。事例証拠は、PageSpeed スコアが高い例を示唆しているかもしれませんが、 ウェブサイトはランク付けされない 予想通り、相関関係は因果関係を意味するものではないことを認識することが重要です。

検索ランキングには多数の要因が影響し、単一の指標は、たとえ PageSpeed と同じくらい重要であっても、検索結果内の特定の位置を保証することはできません。 PageSpeed スコアが高い Web サイトでも、他の重要な領域で遅れをとっており、検索ランキングの変動に寄与している可能性があります。

進化し続ける アルゴリズムの性質

Google の検索アルゴリズムは、ユーザーの行動の変化、技術の進歩、新たなトレンドに適応するために継続的に進化しています。検索大手は、可能な限り最良の結果をユーザーに提供するためにアルゴリズムを定期的に更新しています。したがって、数年前にはランキングの決定的な要因であった可能性があるものが、今日では同じ重要性を持たない可能性があります。

PageSpeed スコアは貴重ではありますが、絶えず変化するデジタル環境の文脈で見る必要があります。 Google はユーザー中心の結果を重視するため、アルゴリズムの調整を推進しており、ウェブサイトの所有者は更新情報を常に把握し、可能な限り最高のユーザー エクスペリエンスを実現するためにサイトを継続的に最適化することが不可欠です。

私の 結論

Google の検索アルゴリズムの複雑なエコシステムでは、PageSpeed スコアは検索ランキングを決定する際に重要な役割を果たしますが、唯一の役割を果たしません。この指標はウェブサイトのパフォーマンスに関する貴重な洞察を提供しますが、Google はユーザーに最も関連性が高く使いやすい結果を提供するために無数の要素を考慮しています。

Googleが無視するかどうかをめぐる議論 ページスピードスコア 検索の巨人が Web ページをどのように評価し、ランク付けするかを微妙に理解する必要があります。その ウェブサイトに欠かせない 所有者は、モバイルフレンドリーさ、コンテンツの関連性、そしてますます重要になっているコアウェブバイタルを含む、最適化への総合的なアプローチを優先する必要があります。

進化し続けるデジタル最適化の状況をナビゲートする中で、PageSpeed が依然として重要な指標である一方で、それだけに依存しても Google の検索結果で上位にランクされることが保証されない可能性があることは明らかです。ウェブサイトの最適化に対する包括的でユーザー中心のアプローチは、間違いなく時の試練に耐え、オンライン プレゼンスが可能な限り最高のユーザー エクスペリエンスを提供するという Google の包括的な目標と一致することを保証します。

技術ブログの著者

その他の最近の ページスピードブログ

ニトロパックのレビュー。ウェブサイトのパフォーマンスを最大化しますか?

NitroPack は、Web サイトの速度とパフォーマンスを向上させるために設計された包括的な Web サイト最適化サービスです。ファイルの縮小、画像の最適化、遅延読み込み、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) の統合、キャッシュ メカニズムなどの一連の機能を提供しており、これらはすべて読み込み時間の短縮とユーザー エクスペリエンスの向上を目的としています。

ユーザー エクスペリエンスが PageSpeed スコアよりも優れている理由

高速な Web サイトの重要性はいくら強調してもしすぎることはありませんが、検索エンジン、特に Google の目においてユーザー エクスペリエンスが独自の、おそらくより重要な位置を占めていることを認識することが不可欠です。

パフォーマンスとユーザーエクスペリエンスのバランスをとる

オンライン ビジネスとデジタル プレゼンスのペースの速い世界では、Web サイトの所有者は、Web サイトを「環境に優しい」ものにするために、より高いページ速度スコアの終わりのない追求に巻き込まれることがよくあります。

他の カテゴリー

ウェブデザイン & SEO