メガネをかけた女性が、ページ速度よりもユーザー エクスペリエンスを優先してセルフィーを撮影しています。

ユーザー エクスペリエンスが PageSpeed スコアよりも優れている理由

ユーザー体験 トランプ ページ速度

メガネをかけた女性が、ページ速度よりもユーザー エクスペリエンスを優先してセルフィーを撮影しています。

UX がさらに賞賛される

なぜ ユーザー体験 王様です

による: サイモン | カテゴリー: ページ速度
発行日: 2024 年 1 月 22 日

Web サイトの所有者と開発者は、オンラインのパフォーマンスを向上させるためにさまざまな要素を常にやりくりしていることに気づきました。これらの中で、次の 2 つの重要な要素が中心となることがよくあります。

ユーザー エクスペリエンス (UX) と PageSpeed スコア。

高速な Web サイトの重要性はいくら強調してもしすぎることはありませんが、検索エンジン、特に Google の目においてユーザー エクスペリエンスが独自の、おそらくより重要な位置を占めていることを認識することが不可欠です。

理解 ページ速度 スコア

PageSpeed は、特定のページの読み込み速度を測定する指標です。多くの場合、Google の PageSpeed Insights などのツールによって定量化されます。このツールは、サーバーの応答時間、レンダリング ブロック リソース、 画像の最適化.

一般に、スコアが高いほどページの読み込みが速くなり、ユーザー エクスペリエンスがよりスムーズになることを示します。

意義 PageSpeed スコアの

PageSpeed スコアが重要となる理由はいくつかあります。まず、ユーザーの満足度に直接影響します。調査によると、読み込みに数秒以上かかると、ユーザーは Web サイトを放棄する可能性が高くなります。

さらに、ページの読み込みが速いと、検索エンジンのランキングが向上します。 Googleはページ速度をランキング要素として考慮しています、読み込みが速い Web サイトは検索結果の上位に表示される可能性が高くなります。

グーグル ケアズ ページスピードについて

Google は、主にポジティブなユーザー エクスペリエンスを提供するという取り組みから、ページスピードの重要性を長年にわたって強調してきました。検索エンジンの巨人である同社は、最も関連性が高く、ユーザーフレンドリーな結果をユーザーに提供することを目指しており、ページスピードはこの目的と直接一致しています。

Google のアルゴリズムはページ速度をランキング要素として考慮しており、ユーザーはページの読み込みが速いことを好むという Google の理解を反映しています。この強調は、Google が採用したモバイル ファースト インデックス アプローチにも明らかであり、ハンドヘルド デバイスで最適化されたパフォーマンスの重要性を強調しています。

ページ速度は重要です しかし…

国民が決めるだろう

ページのランクが高いかどうか

制限事項 PageSpeed スコアの

その間 ページスピードスコアは貴重な洞察を提供します これらの指標のみに依存すると、ユーザー エクスペリエンスを包括的に理解できない可能性があります。ページ速度スコアが高いからといって、優れたユーザー エクスペリエンスが保証されるわけではありません。これは、ユーザー インタラクションや満足度ではなく、パフォーマンスの技術的側面に重点が置かれているためです。

たとえば、Web サイトは完璧なページ速度スコアを達成しても、直感的なナビゲーションがまだ不十分な場合があります。 魅力的なコンテンツ、または見た目に美しいデザイン。このような場合、ユーザーは Web サイトを操作しにくい、または魅力がないと感じ、全体的なエクスペリエンスが低下する可能性があります。

支配力 ユーザーエクスペリエンスの

ユーザー エクスペリエンスには、ページ速度などの幅広い要素が含まれますが、これに限定されません。これには、ユーザーが Web サイトをどのように認識し、操作し、感じているかが含まれます。ポジティブなユーザー エクスペリエンスとは、ユーザーがページにアクセスした瞬間から望ましいアクションの完了までのプロセス全体を考慮したものです。

Googleの シフト ユーザー中心の指標に向けて

近年、Google はユーザー エクスペリエンスの品質が技術的なパフォーマンスを超えていることを認識し、ユーザー中心の指標に焦点を移しています。 コアウェブバイタルGoogle によって導入された、Largest Contentful Paint (LCP)、First Input Delay (FID)、Cumulative Layout Shift (CLS) などのユーザー エクスペリエンスの側面を直接測定する指標が含まれています。

Largest Contentful Paint (LCP) は読み込みパフォーマンスを評価し、ページ上の最大の要素が許容可能な時間枠内に読み込まれるようにします。初回入力遅延 (FID) は、ページの応答にかかる時間を評価することでページの応答性を測定します。 インタラクティブになるページ。累積レイアウト シフト (CLS) は、ページ読み込み中の予期しないレイアウト シフトを評価することにより、視覚的な安定性を定量化します。

これらのユーザー中心の指標は、Web サイトのパフォーマンスのより総合的なビューを提供し、ポジティブなユーザー エクスペリエンスを提供する Web サイトを優先するという Google の取り組みと一致しています。その結果、ユーザー中心の指標で優れた Web サイトは検索結果で上位にランクされる可能性が高く、ページ速度スコアは高いもののユーザー エクスペリエンスが不足している Web サイトを上回ります。

直帰率の影響 SEOについて

検索エンジンのランキングに直接影響するユーザー エクスペリエンスの重要な側面の 1 つは直帰率です。直帰率とは、1 ページだけを閲覧しただけで Web サイトから離れてしまうユーザーの割合を指します。直帰率が高いということは、ユーザーが期待していたコンテンツやエクスペリエンスを見つけられないことを示しており、Web サイトの SEO に悪影響を与える可能性があります。

ページの読み込みが速いと直帰率が低下する可能性がありますが、それが唯一の決定要因ではありません。ユーザーは、コンテンツが役に立たない、ナビゲーションがわかりにくい、全体的なエクスペリエンスが満足できないと感じた場合、すぐに Web サイトから離れる可能性があります。したがって、Web サイトがユーザーを維持し直帰率を低く抑えることができるかどうかは、ユーザー エクスペリエンスの質に大きく依存します。

ユーザー エンゲージメント指標 案件

Google のアルゴリズムは、さまざまなユーザー エンゲージメント指標を考慮して、Web サイトの関連性と品質を評価します。ページ滞在時間、セッションあたりのページ数、コンバージョン率などの指標により、ユーザーがサイトとどのようにやり取りするかについての洞察が得られます。ユーザーを効果的に引きつけ、複数のページを閲覧するよう促す Web サイトは、検索結果で有利なランキングを獲得する可能性が高くなります。

ユーザー エンゲージメント指標は、対象ユーザーの共感を呼ぶコンテンツを作成し、ユーザーと Web サイト間のポジティブなつながりを促進することの重要性を強調します。シームレスで楽しいユーザー エクスペリエンスは、ユーザーの関心を維持する上で極めて重要な役割を果たし、最終的には検索エンジンのランキングにおける Web サイトのパフォーマンスに影響を与えます。

の役割 滞留時間 SEOにおいて

ユーザーが検索結果をクリックしてから Web サイトで費やす合計時間である滞在時間は、Google のランキング アルゴリズムにおいて重要な重みを占めるもう 1 つの指標です。直接的なランキング要因ではありませんが、滞在時間はページの関連性と品質に関する貴重な洞察を提供します。

滞在時間が長いということは、ユーザーがコンテンツに価値があり魅力的であると感じており、ポジティブなユーザー エクスペリエンスに貢献していることを示しています。一方、滞在時間が短い場合は、ユーザーが探しているものが見つからなかったか、コンテンツが期待を満たしていなかった可能性があります。

ユーザー エクスペリエンスを優先することで、Web サイト所有者はユーザーを魅了し、より長く滞在するよう促し、最終的に滞在時間を向上させるコンテンツを作成できます。このユーザー満足度の重視は、高品質で関連性の高いコンテンツをユーザーに提供し、ユーザー エクスペリエンスと検索エンジンのランキングとの関係を確立するという Google の目標と一致しています。

の役割 モバイルフレンドリーなデザイン SEOにおいて

オンライン ブラウジングにモバイル デバイスの使用が増加するにつれ、モバイル フレンドリー性がユーザー エクスペリエンスの重要な側面になりました。 Google は、モバイル ユーザーにシームレスなエクスペリエンスを提供することの重要性を認識しており、モバイル フレンドリー性をランキング要素としてアルゴリズムに組み込んでいます。

モバイル デバイス用に最適化されていない Web サイトでは、モバイル ユーザーの直帰率が高くなり、ユーザー満足度が低下する可能性があります。 Google はすべてのデバイスでポジティブなエクスペリエンスを提供する Web サイトを優先することを目指しているため、これは検索エンジンのランキングに悪影響を与える可能性があります。

影響 アクセシビリティ ユーザーエクスペリエンスについて

アクセシビリティ、 ウェブサイトのデザインの練習 障害のある人でも使用できることは、ユーザー エクスペリエンスに貢献するもう 1 つの重要な要素です。 Google の包括性への取り組みは、アクセシビリティを検索ランキングを決定する要素として考慮するアルゴリズムに明らかです。

ページ速度のバランスをとる そして ユーザー体験

Google の目では、ユーザー エクスペリエンスはページ速度スコアよりも優先されますが、 これらの要素が相互に関連している性質を認識することが不可欠です。 Web サイトの読み込みが遅いと、ユーザー エクスペリエンスが大幅に妨げられ、直帰率が高くなり、検索結果のランキングが低下する可能性があります。

理想的なアプローチは、ページ速度の最適化とユーザー エクスペリエンスを優先することのバランスを取ることです。による 画像の最適化などの技術を活用する、ブラウザー キャッシュ、およびコンテンツ配信ネットワークを利用すると、Web サイト所有者はユーザーの満足度を損なうことなくページ速度を向上させることができます。

優先順位をつける ユーザー中心 コンテンツ

コンテンツは依然としてユーザー エクスペリエンスと SEO の中核です。 Google のアルゴリズムは、コンテンツのコンテキストと関連性を理解するために継続的に進化しており、価値のあるユーザー中心のコンテンツを作成することの重要性が強調されています。

ユーザーの意図に応え、包括的でよく構造化されたコンテンツを提供し、全体的にポジティブなエクスペリエンスを提供することに重点を置いた Web サイトは、検索エンジンのランキングで成功する可能性が高くなります。ページ速度の改善などの技術的な最適化は不可欠ですが、それらは唯一の目的ではなく、目的を達成するための手段として見なされるべきです。

私の 結論

Google にとってユーザー エクスペリエンスが主な焦点となっています。ページ速度スコアは引き続き検索エンジンのランキングにおいて重要な役割を果たしますが、ユーザー中心の指標への移行と、直帰率、滞在時間、モバイルフレンドリーさなどの要素の重視により、Web サイト最適化に対する総合的なアプローチの重要性が強調されています。

Web サイトの所有者と開発者は、高いページ速度スコアが良好なユーザー エクスペリエンスを保証するものではないことを認識する必要があります。代わりに、ユーザーを魅了し、価値のあるコンテンツを提供し、シームレスで楽しい旅行を提供する Web サイトを作成するよう努めるべきです。ユーザー エクスペリエンスを理解し、優先順位を付けることで、Web サイトは検索エンジンが設定した基準を満たすだけでなく、デジタル環境で視聴者との有意義なつながりを確立することができます。結局のところ、ユーザーのジャーニーと満足度が最優先であり、検索エンジンのランキングと Web サイト全体の成功に影響を与えます。

技術ブログの著者

その他の最近の ページスピードブログ

ニトロパックのレビュー。ウェブサイトのパフォーマンスを最大化しますか?

NitroPack は、Web サイトの速度とパフォーマンスを向上させるために設計された包括的な Web サイト最適化サービスです。ファイルの縮小、画像の最適化、遅延読み込み、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) の統合、キャッシュ メカニズムなどの一連の機能を提供しており、これらはすべて読み込み時間の短縮とユーザー エクスペリエンスの向上を目的としています。

パフォーマンスとユーザーエクスペリエンスのバランスをとる

オンライン ビジネスとデジタル プレゼンスのペースの速い世界では、Web サイトの所有者は、Web サイトを「環境に優しい」ものにするために、より高いページ速度スコアの終わりのない追求に巻き込まれることがよくあります。

WP Rocketの長所と短所を明らかにする

WP Rocket は、さまざまな最適化手法を通じて Web サイトの速度とパフォーマンスを向上させることを目的としたプレミアム WordPress キャッシュ プラグインです。

他の カテゴリー

ウェブデザイン & SEO