机に座って、より速いページスピードのスコアを取得しようとして頭に手を当ててストレスを感じている男性。

パフォーマンスとユーザーエクスペリエンスのバランスをとる

高いページ速度 スコア

机に座って、より速いページスピードのスコアを取得しようとして頭に手を当ててストレスを感じている男性。

餌を与える 執着

による: サイモン | カテゴリー: ページ速度
発行日: 2024 年 1 月 19 日

オンライン ビジネスとデジタル プレゼンスのペースの速い世界では、Web サイトの所有者は、Web サイトを「環境に優しい」ものにするために、より高いページ速度スコアの終わりのない追求に巻き込まれることがよくあります。

追いかける

これらのスコアは、Google などのツールによって提供されます。 ページ速度 インサイトは、Web サイトのパフォーマンスのベンチマークになっています。しかし、完璧なスコアを絶え間なく追求することは、すべての Web サイト所有者にとって正当化されるのでしょうか?

最高 実践

この記事では、ほとんどの Web サイト所有者にとって、非常に高いページ速度スコアを追求することが(ほぼ)無意味である理由と、パフォーマンスとユーザー エクスペリエンスのバランスをとることがどのようにはるかに有益であるかを探ります。

誤解を招く 執着

それはただのスコアです

特にモバイルデバイスでのページスピードスコアは、多くの Web サイト所有者にとって聖杯となっています。スコアが高いほど良いと信じられています。 ウェブサイトのパフォーマンス、検索エンジンのランキングと全体的なユーザー満足度の向上につながります。ただし、可能な限り最高のスコアを達成することだけに焦点を当てるのは、間違ったアプローチである可能性があります。

大事なことだけど…

Web サイトが適切な速度で読み込まれることを保証することは不可欠ですが、特定のしきい値を超えるスコアがあれば十分な場合が多いことを認識することも同様に重要です。ほとんどの Web サイトでは、モバイルでの PageSpeed スコアが 60% を余裕で超えていれば、許容できると考えられます。

これを大局的に考えると、これは 50% で「合格」のしきい値、つまりアンバーに十分入っています。世界平均は約 36% です。この点を超えると、スコアを段階的に向上させるために必要な労力が、実際に得られるメリットと不釣り合いになる可能性があります。

焦点を当てる ユーザー

ユーザーがあなたのサイトを気に入っている場合

Googleもそうなるだろう

ビジュアル 犠牲

非常に高いページ速度スコアを追求することの主な欠点の 1 つは、視覚要素が犠牲になる可能性があることです。いくつかの 最適化 この手法には、画像の圧縮、特定のスクリプトの読み込みの遅延、または CSS スタイルの最小化が含まれます。これらの方法を実践するとパフォーマンスが向上しますが、見た目が損なわれる可能性もあります。

ウェブサイトは機能性だけを重視するものではありません。それらは美学やブランディングに関するものでもあります。高品質の画像、カスタム フォント、複雑なデザインの詳細などの要素は、ブランドのアイデンティティとユーザー エンゲージメントに貢献します。完璧なページ速度スコアを追求して過剰な最適化を行うと、当たり障りのない一般的な外観になり、Web サイトの独自性が薄れ、ブランド イメージに影響を与える可能性があります。

ブランディング 難問

ブランドの一貫性は、ユーザー間の信頼と認知を構築するために非常に重要です。 Web サイト所有者が一定の合理的なしきい値を超えるページ速度スコアを優先すると、ブランド アイデンティティが薄れる危険があります。一貫したブランディングには、さまざまなデジタル タッチポイント全体で認識可能な外観と操作感を維持することが含まれますが、速度を過度に最適化すると、この継続性が損なわれる可能性があります。

ブランディングは単なる視覚的な要素を超えています。これには、ユーザー エクスペリエンス全体が含まれます。読み込み速度は非常に速いものの、明確な個性に欠ける Web サイトは、訪問者に永続的な印象を残すのに苦労する可能性があります。したがって、Web サイト所有者は、パフォーマンスの最適化とブランド アイデンティティの維持の間でバランスをとる必要があります。

機能性 コストをかけて ユーザーエクスペリエンスの

超高いページ速度スコアを達成するために過剰な最適化作業を行うと、Web サイトの重要な機能が失われる可能性があります。一部の最適化手法には、特定のスクリプトの遅延または非同期読み込みが含まれており、インタラクティブ要素やサードパーティ ツールの実行に影響を与える可能性があります。

ユーザー エクスペリエンスは、ページの読み込み速度にとどまらない多面的な側面です。主要な機能を犠牲にする超高速 Web サイトは、ユーザーをイライラさせ、ユーザーを遠ざける可能性があります。速度の最適化の取り組みと並行してユーザー エクスペリエンスを優先し、Web サイトが迅速に読み込まれるだけでなく、シームレスに機能することを保証することが重要です。

神話 SEOの優位性

ページの読み込み速度が検索エンジンのランキング アルゴリズムの要素であることは事実ですが、ページ速度のスコアと検索エンジンのランキングの相関関係は必ずしも単純ではありません。検索エンジンは、コンテンツの関連性、バックリンク、ユーザー エクスペリエンスなどのさまざまな要素を考慮してランキングを決定します。

最高のページ速度スコアを達成することだけに焦点を当てても、検索エンジンのランキングの大幅な向上が保証されるわけではありません。実際、とらえどころのないスコアを追求するために SEO の他の重要な側面を無視することは逆効果になる可能性があります。ウェブサイトの所有者は、包括的かつ効果的な戦略に寄与する複数の要素を考慮して、SEO に対する総合的なアプローチを採用する必要があります。

現実的な ベンチマーク ウェブサイト所有者向け

Web サイト所有者は、可能な限り最高のページ速度スコアの達成に固執するのではなく、特定の目標とユーザーの期待に基づいて現実的なベンチマークを設定する必要があります。徹底的なユーザー テストを実施し、フィードバックを収集することは、ユーザー エクスペリエンスに真の影響を与え、最適化が必要な領域を特定するのに役立ちます。

モバイル デバイスで 60% を快適に超えるページ速度スコアを目指すことは、高速でユーザー フレンドリーな Web サイトの強固な基盤となります。このしきい値を超えると、収益は減少し、トレードオフがより顕著になります。 Web サイトの最適化の取り組みがビジネスの全体的な目標と確実に一致するようにするには、パフォーマンスとユーザー エクスペリエンスの適切なバランスを取ることが重要です。

実用的 戦略 検討する

Web サイト所有者は、ページ速度スコアだけに依存するのではなく、重要な要素を犠牲にすることなくパフォーマンスを向上させる実践的な戦略を採用する必要があります。効果的なアプローチには次のようなものがあります。

a.画像の最適化: 画像圧縮や遅延読み込みなどのツールを使用して、品質を損なうことなく画像を最適化します。

b.コードの縮小: CSS、JavaScript、HTML を縮小してファイル サイズを削減し、読み込み時間を短縮します。

c.ブラウザ キャッシュ: ブラウザ キャッシュを実装して静的リソースをローカルに保存し、再訪問者の読み込み時間を短縮します。

d.コンテンツ配信ネットワーク (CDN): CDN を利用して複数のサーバーにコンテンツを配布する、全体的な読み込み時間が短縮されます。

私の 結論

結論として、非常に高いページ速度スコアを絶え間なく追求することは、ほとんどの Web サイト所有者にとって価値のある取り組みではない可能性があります。モバイル デバイスで 60% (デスクトップでは 80%) を快適に超えるスコアを目指すことで、パフォーマンスの最適化と、ブランディングとユーザー エクスペリエンスの重要な要素の維持との間でバランスをとることができます。

ウェブサイト所有者は、次のことを認識する必要があります。 目標は、完璧なスコアを達成することだけではなく、ユーザーに高速で信頼性が高く、楽しいエクスペリエンスを提供することです。。実践的な最適化戦略を採用し、現実的なベンチマークを設定することで、Web サイト所有者は、強力で独特なオンライン プレゼンスを維持しながら、その取り組みがビジネス目標と一致していることを確認できます。

技術ブログの著者

その他の最近の ページスピードブログ

ニトロパックのレビュー。ウェブサイトのパフォーマンスを最大化しますか?

NitroPack は、Web サイトの速度とパフォーマンスを向上させるために設計された包括的な Web サイト最適化サービスです。ファイルの縮小、画像の最適化、遅延読み込み、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) の統合、キャッシュ メカニズムなどの一連の機能を提供しており、これらはすべて読み込み時間の短縮とユーザー エクスペリエンスの向上を目的としています。

ユーザー エクスペリエンスが PageSpeed スコアよりも優れている理由

高速な Web サイトの重要性はいくら強調してもしすぎることはありませんが、検索エンジン、特に Google の目においてユーザー エクスペリエンスが独自の、おそらくより重要な位置を占めていることを認識することが不可欠です。

WP Rocketの長所と短所を明らかにする

WP Rocket は、さまざまな最適化手法を通じて Web サイトの速度とパフォーマンスを向上させることを目的としたプレミアム WordPress キャッシュ プラグインです。

他の カテゴリー

ウェブデザイン & SEO