まばゆい光を放ち、見事なコアウェブバイタルを見せる時計のイメージ。

未来を明らかにする – 2024 年の主要なウェブの重要性

投機 & 事実

による: サイモン | カテゴリー: ページ速度
発行日: 2024 年 1 月 10 日

2024 年に向けて、Core Web Vitals の展望と、これらの指標が Web 開発にどのように影響するかを探ってみましょう。

理解 コアウェブバイタル

コアウェブバイタルは、Google によって導入された、Web サイトの全体的なユーザー エクスペリエンスを測定および定量化することを目的としたユーザー中心の一連の指標です。これらの重要事項は、読み込みパフォーマンス、インタラクティブ性、視覚的安定性などの側面に焦点を当てており、シームレスで楽しいユーザー エクスペリエンスに貢献する重要な要素をカプセル化しています。

進化 メトリクスの

2024 年には、Core Web Vitals 指標の進化が期待できます。テクノロジーが進歩し、ユーザーの期待が高まり続けるにつれて、Web パフォーマンスのより包括的なビューを提供するために、既存の指標を改良および拡張する必要があります。新しい指標が導入され、ユーザー エクスペリエンスに影響を与える微妙な差異に対処し、開発者に Web サイトのさらなる最適化を促す可能性があります。

グーグル メトリクス

最大のコンテンツフル ペイント (LCP) を超えて

最大のコンテンツ要素が表示されるまでにかかる時間を測定する LCP が強化される可能性があります。ユーザーが読み込み時間の短縮を求める中、開発者は最大のコンテンツだけでなく他の重要な要素の最適化にも注力して、拡張指標への道を開く必要があるかもしれません。

インタラクティブなメトリクス

Core Web Vitals には、Web サイトがユーザーの操作に応答するまでにかかる時間を測定する初回入力遅延 (FID) などの指標が含まれています。 2024 年には、INP (次のペイントへのインタラクション)、ユーザーデバイスとインタラクションパターンの多様性を考慮します。業界では、ユーザー エンゲージメントの複雑さをより適切に捉える新しい指標が導入されることになります。

視覚安定性メトリクス

累積レイアウト シフト (CLS) は、Web ページの視覚的な安定性を評価します。開発者は、CLS の進化や、視覚的な安定性をより微妙に理解できる補足メトリクスの導入を目撃するかもしれません。これには、レイアウト全体の安定性に影響を与える動的なコンテンツの変更やユーザー インタラクションの考慮が含まれる場合があります。

物事は 常に進化する

指標を頻繁に確認する

スコアは時間の経過とともに変化します

との統合 ユーザー体験

Core Web Vitals は常にユーザー エクスペリエンスと密接に結びついていますが、2024 年にはさらにシームレスな統合が期待されます。より速く、よりスムーズで、よりインタラクティブな Web エクスペリエンスに対するユーザーの期待が高まるにつれ、メトリクスは設計と開発プロセスの中心となるでしょう。

ユーザー中心のパフォーマンスの最適化 開発者は、パフォーマンスの最適化に対して、よりユーザー中心のアプローチにますます移行するでしょう。単に特定の指標のしきい値を満たすことに焦点を当てるのではなく、これらの指標が実際のユーザー エクスペリエンスとどのように一致するかを理解することに重点が置かれるようになります。この変化は、よりパーソナライズされた、コンテキストを意識した最適化につながる可能性があります。

クロスプラットフォームの一貫性 – ユーザーは多数のデバイスやプラットフォームで Web サイトにアクセスするため、一貫したユーザー エクスペリエンスを維持することが最も重要です。 2024 年の Core Web Vitals では、クロスプラットフォームの一貫性がより重視され、開発者がさまざまなデバイスやブラウザーにわたってパフォーマンスを最適化することが奨励される可能性があります。

分析中 機械学習 & 予測分析

プロアクティブなパフォーマンス管理 – 機械学習アルゴリズムを使用して、履歴データとユーザー パターンに基づいて潜在的なパフォーマンスのボトルネックを予測できます。このパフォーマンス管理へのプロアクティブなアプローチにより、開発者はマイナスの影響を受ける前に問題に対処できるようになります。 ユーザーエクスペリエンスに影響を与えるCore Web Vitals の予防的な性質と一致しています。

動的最適化戦略 – 予測分析により、動的な最適化戦略を通知できます。ユーザーの行動が時間の経過とともにどのように変化するかを理解することで、開発者はユーザーの期待の変化に合わせてパフォーマンスの最適化を動的に調整できます。この適応性により、使用パターンが進化しても Web サイトの応答性と効率性が維持されます。

ウェブの持続可能性と グリーンメトリクス

環境意識が高まるにつれ、Web 開発者は持続可能でエネルギー効率の高い Web サイトの作成にさらに重点を置くようになるでしょう。 Core Web Vitals には、Web サイトのパフォーマンスが環境に与える影響を測定する「グリーン」指標が組み込まれる場合があります。

二酸化炭素排出量の指標 – 2024 年には、ウェブサイトのパフォーマンスに関連する二酸化炭素排出量を定量化する指標の導入を目撃するかもしれません。これは新たな次元につながる可能性があります 最適化, 開発者はロード時間の短縮だけでなく、エネルギー消費の削減も目指しています。

持続可能な設計の実践 – Core Web Vitals は持続可能な設計実践を提唱し、開発者がリソースを大量に消費する要素を最小限に抑え、エネルギー効率の高いテクノロジーを優先することを奨励します。この持続可能性への移行は、環境に優しい Web 開発慣行を促進するという業界全体のトレンドと一致しています。

私の 結論

2024 年の Core Web Vitals の将来に目を向けると、これらの指標が Web 開発環境を形成する上で引き続き重要な役割を果たし続けることは明らかです。

メトリクスの進化、ユーザー エクスペリエンスとの統合、機械学習の導入、持続可能性への重点は、総合的に Web パフォーマンス最適化の動的な性質を強調しています。これらのトレンドを受け入れることは、検索エンジンのアルゴリズムへの準拠を確実にするだけでなく、より重要なことに、すべての人にとってより高速で、よりユーザーフレンドリーで、環境に配慮したインターネットの構築に貢献します。これらの新たなトレンドに常にアンテナを張っている開発者は、次の分野で進化する課題と機会をうまく乗り切ることができるでしょう。 コアウェブバイタル.

技術ブログの著者

その他の最近の ページスピードブログ

ニトロパックのレビュー。欺瞞的な速度の最適化

NitroPack は、疑わしい速度の最適化以外にも、Web サイトの検索エンジン最適化 (SEO) の取り組みに重大なリスクをもたらします。 Google などの検索エンジンは、重要なランキング要素としてユーザー エクスペリエンスとページ速度を優先します。 NitroPack は両方を強化すると主張していますが、その無差別な最適化技術は実際には SEO のパフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。

ユーザー エクスペリエンスが PageSpeed スコアよりも優れている理由

高速な Web サイトの重要性はいくら強調してもしすぎることはありませんが、検索エンジン、特に Google の目においてユーザー エクスペリエンスが独自の、おそらくより重要な位置を占めていることを認識することが不可欠です。

パフォーマンスとユーザーエクスペリエンスのバランスをとる

オンライン ビジネスとデジタル プレゼンスのペースの速い世界では、Web サイトの所有者は、Web サイトを「環境に優しい」ものにするために、より高いページ速度スコアの終わりのない追求に巻き込まれることがよくあります。

他の カテゴリー

ウェブデザイン & SEO